【録画版】Microsoft 365 はどこまでデータ保護すべき?バックアップベンダーがトークバトル

日本のIT業界がまだ気づいてないバックアップの“落とし穴”がここに

今の時代なくてはならないビジネスツール Microsoft 365。
SaaS 版のバックアップシステムをオンプレ版と同様に考えていませんか?
Microsoft 365 の Exchange,SharePoint, OneDrive, Teams…
それぞれのコンポーネントがどのように作用し、データをどこに保存しているのか?ここを理解している方は、まだまだ少ないです。
Exchange Onlineのバックアップシステムもオンプレ版の Exchange と同じように構築できると考えていたらいざという時、従来のシステムでは対応できなかった…なんてことも。

「でもマイクロソフト社側でもユーザーデータのバックアップを取っているんじゃないの?」
と思われた方、答えは「Yes」。
しかしあらゆるリスクを想定した時、システム管理者、経営者はこれを必要十分と感じるでしょうか?

・Microsoft 365 のデータはどこまでバックアップすればいい?
・どのサービスをどんな方式でバックアップ・リストアできる?
・バックアップ製品の提供形態の違いによるメリット・デメリットは?

などなど、今年は白熱するトークバトルを討論番組風に楽しくお届けします。
「どうせデータを保存するだけでしょ」と侮るなかれ!
バックアップ業界の深イイ話をお楽しみください。

ご視聴後、アンケートにご回答いただいた方へ講演資料データをご提供いたします。

開催概要

主催 株式会社ネットワールド
共催
協賛 アクロニス・ジャパン株式会社、arcserve Japan 合同会社、
デル・テクノロジーズ株式会社、ルーブリック・ジャパン株式会社、
ヴィーム・ソフトウェア株式会社
参加費 無料 
開催日時 お好きなタイミングでご視聴いただけます。 (所要時間:約2時間30分)  
会場

会場

対象 パートナー企業様、ユーザー企業様
※競合企業様におかれましては、お申し込みをお断りする場合がございます。  
定員  申込受付中
内容  
内容

前半戦

提案前にインフラ担当が知っておくべき Microsoft 365 のシステム構造
Microsoft 365 バックアップについて激論を交わす前に今知るべき基本知識をわかりやすくご説明します。
株式会社ネットワールド
マーケティング本部
セールスコンサルティング部
宮本隆史
バックアップベンダー Microsoft 365 激論バトル
Microsoft 365 のバックアップについて考える各社の方針・対応範囲は?
対応製品でどこまでバックアップ取れるの?
提供形態は?保存先は? 構成は?
各社製品のメリット・デメリットは?
バックアップのスペシャリストたちによる熱い討論を交えながらMr.バックアップ 宮本が各社の違いを丸裸にします。
アクロニス・ジャパン株式会社
arcserve Japan 合同会社
デル・テクノロジーズ株式会社
ルーブリック・ジャパン株式会社
ヴィーム・ソフトウェア株式会社

モデレーター:株式会社ネットワールド
マーケティング本部
セールスコンサルティング部
宮本隆史

後半戦

【生配信】
バックアップベンダーへの視聴者QAタイム&アフタートーク

リアルな質問をぶつけるチャンス!
事前に視聴者のみなさまから募集した質問に対し、各社バックアップのスペシャリストたちがお答えします。
もちろんリアルタイムでご質問もOK!
ここでしか聞けないオフレコ話も聞けちゃうかもしれません。
アクロニス・ジャパン株式会社
arcserve Japan 合同会社
デル・テクノロジーズ株式会社
ルーブリック・ジャパン株式会社
ヴィーム・ソフトウェア株式会社

モデレーター:株式会社ネットワールド
マーケティング本部
セールスコンサルティング部
宮本隆史
備考  

お申し込み

セミナー案内資料ダウンロード

講演風景

たくさんのご来場誠にありがとうございました。
     
     
     
     

講演資料のダウンロード

お問い合わせ

株式会社ネットワールド
セミナー運営事務局