ネットワールド版 Citrix VirtualDesktops / VirtualApps ハンズオンセミナー

Citrix VirtualDesktops / VirtualApps 7.15 LTSR版 で環境構築してみよう

本セミナーは VirtualDesktops / VirtualApps 7.15 LTSR版 を基礎から体験することができる、弊社のクラウド基盤に展開されたオリジナルコースです。

座学パートでは、VirtualDesktops / VirtualApps 7.15の基本機能およびライセンス体系に加え、Web分離(ネットワーク分離)ソリューションをはじめとした製品の利用方法や、製品導入時の重要ポイントをご紹介。製品提案の際にすぐにご活用いただける VirtualDesktops / VirtualApps のサイジング情報もご提供致します。

ハンズオンパートでは、最新版のVirtualDesktops / VirtualApps 7.15 LTSRバージョン環境上で、StoreFront 3.12、業界標準のハイパーバイザー、および最新のOSで構成されているキットを利用して、環境構築を基礎から体験して頂くことで製品への理解を深めていただけます。

製品を実際に触れながら学ぶことができる貴重な機会ですので、是非ご参加下さい。

●「VirtualDesktops / VirtualApps 7.15 LTSR版」とは?
   LTSRは、Long Term Service Release (長期運用サービス)の略称です。
   本ハンズオン環境で構築していただく “LTSR版”は、「システムを5〜10年の長期間に渡って安定的に運用したい」といった
   場合に適した「長期サポートバージョン」のリリースです。

※2018年8月23日より、Citrix 製品名が変更となっております。詳細はこちら をご覧ください。
 【旧】XenApp    → 【新】Citrix Virtual Apps
 【旧】XenDesktop → 【新】Citrix Virtual Desktops

※製品名変更に伴う機能変更等はございません。本ハンズオンの実施内容については、従来のハンズオンと同様となります。

開催概要

主催 株式会社ネットワールド
共催
協賛 シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
参加費 無料 
開催日時  
会場

会場
東 京: 2018.12.18(火) 09:45〜17:30(受付開始 09:30〜)
株式会社ネットワールド7F 「セミナールーム」 定員16名
東京都千代田区神田神保町2-11-15 住友商事神保町ビル[Map]
     2018.12.19(水) 09:45〜17:30(受付開始 09:30〜)
株式会社ネットワールド7F 「セミナールーム」 定員16名
東京都千代田区神田神保町2-11-15 住友商事神保町ビル[Map]

対象 ・VirtualDesktops / VirtualApps導入を検討中のエンドユーザー様(情報システム部門、SEの方)
・弊社Citrixパートナー様(アプリケーションやクライアント仮想化提案に携わるプレSE、SEの方)

【お申し込み前の注意事項】
※競合各社様についてはお申し込みをお断りします
※導入予定のエンドユーザー、Citrix製品の販売パートナー様を優先し、申込多数の場合には抽選
   とさせて頂きます。(抽選となる場合は開催日の5営業日前までにご連絡いたします。)
※より多くのお客様に触っていただくことを目的としている為、原則一社一名の申し込みと
   させていただきます。
※受講票はプリントアウトし、セミナー開催当日必ず持参してください。
※半角英数字 ご所属企業ドメインのE-Mailアドレスのみ受け付けております。
※Windows 10、Windows 2012 R2、Windows Server 2016の基本的な操作が概ね分かる方
 (ハンズオンにて使用する環境が左記OSの為)
※受講票がない場合は、受講できない事がございますのでご注意ください。
※お申込みは、上記日程よりいずれか1日のみ受け付けております。
   お申込み後、別日程に追加でお申し込みされた場合には、当初お申込み頂いた日程は
   キャンセルされますのでご了承ください。
※本セミナーでは、資料冊子の配布を行っておらず、前方スクリーンおよび自席にご用意しますPCより、
   PDFデータにてご確認いただきます。ご自身のデバイスにて資料をご覧いただく事も出来ますので、
   ご希望の方は当日デバイスをご持参ください。
   (ハンズオンパートは会場にご用意しますPCにて実施いただきます。)
 
定員  
内容  
内容
◆座学パート
 Virtual Desktops7.15のライセンス、新機能、アーキテクチャ、構成の注意点を
 時間内に合計90分から120分程度実施。

◆ハンズオン
 −1.演習環境の確認
 −2.VirtualDesktops / VirtualApps のインストールと初期設定
   2.1 VirtualDesktops / VirtualApps コンポーネントのインストール
   2.2 VirtualDesktops / VirtualApps サイトおよびライセンスの設定
 −3.仮想デスクトップと仮想アプリの公開設定
   3.1 仮想デスクトップの公開設定 (MCS : Machine Creation Services)
   3.2 Virtual Apps の公開設定 (既存)
 −4.StoreFront の設定
 −5.VirtualDesktops / VirtualApps への接続
   5.1 Citrix Receiver のインストール
   5.2 仮想アプリ/仮想デスクトップへの接続
 −6.ユーザーアクセス
   6.1 Citrix ポリシーの設定
   6.2 Receiver for HTML5 の設定
   6.3 パススルー認証の設定
   6.4 ショートカットの自動作成機能
   6.5 管理者による公開リソースの自動設定
   6.6 アプリケーションのインスタンス制限
 −7.管理機能
   7.1 Citrix Director を使った監視とセッションシャドウ
   7.2 Citrix Studio とライセンスサーバーの管理者権限
   7.3 設定変更ログの確認とレポート出力
   7.4 負荷値の確認
 −8.その他
   8.1 MCS による Virtual Apps の展開
   8.2 Windows ユーザープロファイルの設定
   8.3 StoreFront へのセキュアアクセス (HTTPS化)

※休憩は適宜はいります。
※プログラムは変更させていただく場合がございます。

備考  

お申し込み

セミナー案内資料ダウンロード

講演風景

たくさんのご来場誠にありがとうございました。
     
     
     
     

講演資料のダウンロード

お問い合わせ